仮想通貨ニュース

コインとトークンの違いとは??

コインチェック

コインとトークンは異なるものである

仮想通貨の中にコインと呼ばれるものとトークンと呼ばれるものがありますが、違いをご存知でしょうか?

簡単にいうと、コインは独自のブロックチェーンを持つもの、トークンは他のブロックチェーンを間借りしているものになります。

時価総額100位の仮想通貨ではコインが4割、トークンが6割といったところです。

中でもイーサリアムのブロックチェーンを用いて作られたトークンをERC20準拠のトークンと呼ばれ、ICO等で使われるトークンのほとんどがこれにあたります。

コインは独自のブロックチェーンを持つことで他に依存せず、その仮想通貨のトークン、すなわち、商品を生み出すことができるメリットがあります。

アルトコインを購入する場合は、コインかトークンかを意識しておくことも重要な要素の一つですね。

コインチェック

-仮想通貨ニュース
-, ,

Copyright© Konken Blog , 2020 All Rights Reserved.