PancakeSwapで金利生活

仮想通貨

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で金利生活

PancakeSwapとは、BSC(バイナンススマートチェーン)というプラットフォーム上に構築された、DEX(分散型取引所)です。
Pancakewapでできることは以下の2つです。

・仮想通貨を他の仮想通貨に交換する。
・仮想通貨を預けて利息をもらう。

後者のことをイールドファーミングなどと呼んでいます。

PancakeSwapに仮想通貨を預ける方法は以下の2つがあります。

・2つの異なる通貨をペアとして預け、報酬をもらう「流動性マイニング」。
・1つの通貨を預けて報酬をもらう「ステーキング」。

前者の「流動性マイニング」では、交換用に自分の通貨を預け、使ってもらうことの対価に報酬(利息)を貰うことができるという仕組みです。

現在以下の3つの通貨ペアを預けて金利生活を送っています。

PancakeSwapでの流動性マイニング

SWGB-BNBペア:ハイリスクハイリターン:投資額18万円
LINA-BUSDペア:ミドルリスクミドルリターン:投資額19万円
USDT-BUSDペア:ローリスクローリターン:投資額92万円

※ステーブルコイン(USDTやBUSD)を含むペアは価格変動を受けにくいのでリスクを低減できますが、リターンも少なくなります。

金利としてもらえる「CAKE」というトークンをBUSDに交換して金利生活を送っています。
基本的に「CAKE」は貯めこまず、細めに交換することでリスク低減を図っています。

PancakeSwapを始めてみたいかたはこちらをどうぞ!

どのくらい稼げているの?

ここからはどのくらい稼げているのかを報告していきます。

これまでの合計金利:239BUSD=25,190円

2021年2月14日 42BUSD
2021年2月17日 104BUSD
2021年2月20日 93BUSD

Copyright© Konken Blog , 2021 All Rights Reserved.