仮想通貨ニュース

【勝率10%アップ】FTXが提供する仮想通貨先物指数をビットコイントレードで活用する

仮想通貨先物指数をトレードに生かす!

ビットコイントレードを行う際にはビットコイン以外のコインの値動きをみることも重要です。

仮想通貨デリバティブ取引所「FTX」ではいくつかの先物商品があり、これとビットコイン価格、ドミナンスを組み合わせたチャートをTradingViewで見ることができます。

BTCUSD:
ビットコイン価格

ALTPERP:
主要アルトコイン(ETH、EOS、XRP、BCH、BSV、LTC、BNB)価格の加重平均

DRGNPERP:
中国で人気の8つの仮想通貨(BTM、IOST、NEO、NULS、ONT、TUM、TRX、VET、ARPA)を対象とした先物指数

PRIVPERP:
プライバシートークン(BEAM、DCR、GRIN、KMD、XMR、XVG、XZC、ZEC、ZEN)価格の加重平均

SHITPERP:
時価総額が低い草コイン50銘柄の価格の加重平均

MIDPERP:
時価総額が低い草コイン24銘柄の価格の加重平均

EXCHPERP:
取引所トークン(BNB、HT、OKB、LEO、GT)の価格の加重平均

DEFIPERP:分散金融(KNC、LEND、MKR、KAVA、ZRX、LRC、REN、REP、BNT、SNX、COMP)価格の加重平均

BTC.D:
ビットコインのドミナンス

例えばプライバシートークンの価格が先行して上がると、遅れてビットコインの価格が追随するなどを一目で確認することができます。

是非トレードの参考にしてみて下さい。

GMOコイン

-仮想通貨ニュース
-, , ,

Copyright© Konken Blog , 2020 All Rights Reserved.