仮想通貨ニュース

ビットコインの発掘難易度【年に一度の大幅マイナス調整か】

ビットコインの発掘難易度調整、今回は大幅マイナスか!?

ビットコイン、二週間に一度の発掘難易度調整が近づいてきました。

先日の暴落により、ハッシュレートが下がった影響で難易度は大幅に下がるといわれいます。

「ビットコイン価格の下落→マイナーの撤退→ハッシュレートの低下→発掘難易度の低下」という流れです。

逆に「発掘難易度の低下→マイナーの復帰→ハッシュレートの上昇→ビットコイン価格の高騰」ということで、価格上昇のトリガーになればと思います。

統計的に難易度が大きく下がった日はかなり少ないようです。

・2019年11月8日:-7.10%
・2018年12月19日:-9.56%
・2018年12月3日:-15.13%
・2018年11月17日:-7.39%
・2017年11月11日:-6.09%

この時のチャートを見てみると「弱気相場で暴落直前」もしは「暴落直後」に分類できます。

今回は「暴落直後」に分類されそうです。これは2018年12月19日に状況に似ており、この時は長い期間3000ドル台で推移したあと、令和の暴騰につながったのは記憶に新しいです。

そういう意味で今回の発掘難易度調整が相場にどう影響するのか興味深いですね。

 

 

 

 

-仮想通貨ニュース
-, , ,

Copyright© Konken Blog , 2020 All Rights Reserved.