仮想通貨ニュース

Coincheckでベーシックアテンショントークン(BAT)の取り扱い開始

コインチェック

2020年7月21日よりCoincheck(コインチェック)でベーシックアテンショントークン(BAT)の取り扱い開始

仮想通貨国内取引所「Coincheck」にてベーシックアテンショントークン(BAT)の取り扱いが開始されます。

国内取引所ではGMOコインに続く取り扱いとなります。

ベーシックアテンショントークン(BAT)とは?

BATとはWEBブラウザ「Brave(ブレイブ)」上で取引されるトークンで、WEB広告産業で使用される通貨です。

最大供給量は15億枚を予定しています。

WEB広告の有名所では「Googleアドセンス」があります。

WEB広告では以下の4つの登場人物がいます。

「消費者」:私たち
「広告請負業者」:広告を載せているブログや企業サイト
「広告提供事業者」:Google
「広告主」:商品を販売している業者

これまで「消費者」である私たちにお金が流れてくる仕組みはありませんでした。

が!BATを通貨として、自身の経済圏に組み込んでいる Brave の場合「消費者」にも BAT が配布される仕組みになっています。

この仕組みは、WEB広告業界そのもの常識を覆すシステムでありBATは「WEB広告経済圏で使用される唯一の通貨」としての地位を築いているのです。

Braveのダウンロードはこちらからです。

最近好調なBATのチャートです。

コロナショック後も右肩上がりのチャートを描いていますね~!

コインチェック

-仮想通貨ニュース
-, , , ,

Copyright© Konken Blog , 2020 All Rights Reserved.