仮想通貨ニュース

GMOコインがレンディングサービスをリニューアル

仮想通貨取引所「GMO」コインが2020年2月12日(水)より
「貸仮想通貨」サービス(レンディングサービス)をリニューアルします。

【レンディングサービスとは?】
レンディングサービスとは仮想通貨を取引所に貸し出すことで、貸し出した仮想通貨の数量に応じた貸借料を受け取れるサービスです。
以前もGMOコインではこのサービスを実施していましたが、10BTC以上とかなり敷居が高いものでした。これが見直されて以下のように利用しやすいものとなったようです。

【対象通貨】
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ステラルーメン(XLM)

【貸出期間】
・年率 2%コース(1ヶ月)
・年率 4%コース(3ヶ月)
・年率 5%コース(6ヶ月)

【リスク】
・預金保険の対象にならない。
・貸出時よりも仮想通貨の価格が下落した場合、損失を被るおそれがある。
・取引所が破綻などした場合、仮想通貨が返還されない。

現物長期保有派の方はお試しで預けてみるのもよさそうですね。

GMOコインの口座開設はこちらからです。

-仮想通貨ニュース
-, , , ,

Copyright© Konken Blog , 2020 All Rights Reserved.