投資

世界一簡単な投資講座【iDeCo編】

iDeCo(個人型確定拠出年金)(リターン★★☆☆☆ リスク★☆☆☆☆)

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、自分で毎月一定額の拠出を行い、運用商品を選び、60歳以降に年金もしくは一時金として受け取る制度です。

企業においては、2000年までは「確定給付型」の年金でした。
・会社が積み立て、運用、支払いまで行ってくれる、「給付」が確定している仕組み
・資産の運用は会社が行う。運用結果が悪い場合は原則として会社が穴埋めをする

2001年からは「確定拠出年金」がスタートしました。
・会社は毎月の掛け金の拠出を行い、社員が運用を行う、「拠出」が確定している仕組み
・資産の運用は個人が行う。運用結果は自己責任となり、将来の給付額に1人ひとり反映される

iDeCoは上記の企業型ではなく個人型になり、掛け金の全額所得控除、運用益非課税、受取金の公的年金等控除などの税制優遇制度があります。

しかしながらコロナウィルスの影響で今後インフレ転換が予想されます。インフレによりお金の価値減少による損失の可能性もあるので気をつけましょう。



-投資
-,

Copyright© Konken Blog , 2020 All Rights Reserved.