仮想通貨トレード

【TITAN暴落の原因は?】仮想通貨トレード成績 76週目は-13,814円でした

TITAN暴落の原因

ビットコイントレード成績 76週目の利益:-13,814円

今週はなんといってもIRON Financeにつきます。

Twitter界隈でも大盛り上がりだったので、IRON/USDCのステーブルコインペアでファーミング参加。

稼いだTITANは即売りで参戦しましたが悲劇はあまりに早く訪れました。

参戦して3日後にTITANが大暴落。

IRONは価格が下がっても「1IRONにつき75セントのUSDCと25セントのTITAN」で償還可能な仕組みになっています。しかしながら、大口の巨大な売りが、プログラムの仕様問題点を呼び出し償還処理が動かないという事態が発生してしまったようです。

IRON/USDCペアだったので被害は少なくて済みましたが、ステーブルコインと位置付けていたIRONは0.75ドルまで下落しました。TITANをペアに組み込んだファーミングやっていたら、一瞬で資産を失う結果になるところでした。

最近のDeFiは早期撤退が当たり前で昔の配当型ウォレットとかわらないものになり果ててしまいました。

そろそろ卒業ですね。

コインチェック

-仮想通貨トレード
-, , , , , , ,

Copyright© Konken Blog , 2021 All Rights Reserved.